歯医者に治療してもらうときによく聞く「歯の神経」ってなに?

歯医者に治療してもらうときによく聞く「歯の神経」ってなに?

模型

歯の神経について

大阪の歯医者さんに歯の治療をしてもらう時、「歯の神経」というのを聞いたことがあるかと思います。この歯の神経というのは「歯髄」と呼ばれています。この歯髄には血管が通っていて、歯の栄養を補給したり修復をする働きをします。また歯を経由して身体に侵入しようとする虫歯菌をブロックする働きもします。

歯の治療で神経を抜くメリット

歯の治療で神経だけを抜く場合があります。この神経を抜く一番のメリットは、虫歯の進行を止めることが挙げられます。そして、よく聞く抜歯は歯だけではなく炎症になっている神経自体も抜きます。虫歯の治療としては確実な治療法ですが、歯を抜いていますので二度と再生しません。しかし、いくら神経のみ抜いて歯が残ったとはいえ、一度ひどい虫歯におかされると最後まで治療をしなくてはいけないです。ですから、神経を抜いても医師の治療を継続しましょう。

歯の神経を抜く方法

歯の神経を抜く方法としては、まず施術中に痛みがないように麻酔をします。その後、虫歯になっている部分を削り、歯髄を探します。歯髄が見つかったら特殊な器具で歯髄を取り除きます。歯髄を取り除いた後は詰め物で穴を埋めるか、もしくは薬を入れて蓋をして後日、歯根の治療を何回か繰り返して穴を埋めるかのどちらかの治療をします。

歯の検診でよく聞く単語

歯医者さんに歯を見てもらっている時に、「C1」「C2」などの単語をよく聞くと思います。これは虫歯がどれだけ進行しているかを表す記号となっております。下記に虫歯の進行度をランキング方式でまとめてみましたので参考にしてください。

虫歯の進行度ランキング

no.1

C4

虫歯がとても進行していて、歯の大部分が無くなっています。この状態になると歯を残すことができないため、治療法としては抜歯をします。この状態になるまで放置をせずに歯医者に見てもらうことが大切です。

no.2

C3

虫歯が歯髄の部分にまで侵入していて、強く痛みを感じる状態です。大抵の患者さんがこの状態になって歯医者へ通い始めます。強く痛みが出た後に一度痛みが止まりますが、また強く痛み始めます。この状態になるとかぶせものをする治療がとられます。

no.3

C2

歯の一番表面は「エナメル質」と呼ばれていますが、エナメル質の下の部分を「象牙質」と呼ばれます。C2は虫歯が象牙質まで侵入している状態のことを指します。この状態になると冷たいものを摂取すると歯がしみたりします。治療法としては、虫歯を除去した後に樹脂などでつめものをします。

no.4

C1

虫歯がエナメル質まで侵入して穴ができている状態です。C1ではほとんど症状は出ないです。治療法としては、虫歯を除去して樹脂などでつめものをします。場合によっては麻酔を使わずに虫歯を除去します。

no.5

C0

エナメル質が溶けていますが穴ができていない状態です。この状態は治療をせずとも歯磨きなどのケアをすれば自然と修復します。この状態の時に、「歯の状態に違和感がある」ことに気づくかどうかで、今後歯の治療が必要になってくるのかどうかが決まると言っても過言ではありません。

広告募集中