名古屋の歯医者に痛みがある歯を診てもらおう

名古屋の歯医者に痛みがある歯を診てもらおう

子供

歯が痛むときは放置せずに歯医者へ

冷たいものをとると歯がしみたり、突然ズキズキして歯肉が腫れたりして痛むことがあります。そのような時は虫歯の可能性があります。虫歯は細菌が歯にくっついて酸を分泌し、歯を徐々に溶かす怖い病気です。放置すると手遅れになったりする可能性が高いです。歯がしみたり痛みがあったりする場合は放置せずに名古屋の歯医者に診てもらいましょう。

虫歯を治さないと大変なことに

虫歯菌はまず歯の表面にあるエナメル質から溶かしていきます。エナメル質に穴ができていない状態であればまだ大丈夫ですが、エナメル質の下にある象牙質から下の層まで侵入されてしまうと、どんどん痛みが強くなっていきます。放置するとそれだけどんどん進行していき、歯の神経がやられてしまいます。そして最終的に歯を失ってしまうことになります。

虫歯を放っておくと様々なリスクが高まる

虫歯を放っておくと様々なリスクが高まります。まず歯がどんどん不健康になり、強い痛みが襲ってきます。強い痛みに襲われると、食事を摂ることはもちろん、日常生活を送ることもままなりません。虫歯が進行していくと、治すのに時間がかかり、治療費もかかります。最悪の場合は歯を失うことに。このように虫歯を放置すると様々なリスクが高まりますので、早めに歯の検診をしてもらいましょう。

痛みを抑えるために工夫していること

歯医者さんは治療するときに、患者さんが痛みで苦しまないように痛みを抑える工夫をしています。まず「表面麻酔」です。歯の治療をする際は麻酔を注射しますが、この注射自体も痛みます。この痛みを和らげるために、歯ぐきの表面にゼリー状の麻酔を塗ることが表面麻酔です。つぎに「笑気麻酔」です。笑気ガスを吸わせる麻酔方法です。このガスを吸うとリラックスした状態になり、治療の痛みを感じません。

虫歯になっているが矯正もしたい

虫歯も治したいし、歯の矯正もしたいと考えている方は少なからずいらっしゃると思います。また、歯の治療について様々な疑問や不安を抱えている方もいらっしゃると思います。そのような方のために歯の治療に関するよくある質問をまとめてみました。

歯の治療に関するよくある質問

虫歯の状態でも歯を矯正できますか?

できます。なので、虫歯の状態で歯を矯正したい場合でも気にせずに早めに相談しましょう。相談するタイミングが早ければ早いほど、矯正治療のスケジュールも立てやすくなります。しかし、1つこの場合の治療の順番として、まず虫歯を治してから歯の矯正にとりかかりるのが一般的です。ですから、余裕を持って治療スケジュールを立てるのが大切になります。

歯と歯ぐきの間くらいに黒ずみがありますが治りますか?

この黒ずみは「ブラックライン」と呼ばれています。これが出来てしまうと、会話する時などに目立ってしまい、歯を他の人に見せるのが億劫になってしまいます。被せ物で使用している金属が原因となっている場合が多いです。この金属を除去してセラミックなどに交換する治療をがとられます。

根管治療って何ですか?

根管治療は、歯髄まで虫歯に侵入されてしまった場合に実施する治療です。根管は歯髄が通っている管のことを指します。この治療では機能を失った神経を根管の中から除去して、根管の中を消毒をした後に被せ物をします。

ドライマウスなのですが治りますか?

唾液の量が減ることが原因でドライマウスになります。ドライマウスを治すには、唾液の量を増やすことで改善します。「食事の時はよく噛んで食べる」「食事後や就寝前、起床後に歯磨きをする」などを心がけましょう。

広告募集中